診療科目

Medical examination subject

心臓病

心臓病は症状が無くても病気になっていることがあります。
早期発見・早期の対応によって、進行を抑え、生活の質を落とすことなく生活を送ることが出来るのです。

こんな症状はありませんか?

・咳をするようになった
・お散歩を嫌がるようになった
・心音に雑音があると言われたことがある
・心臓の薬を飲んでいる

このようなことがあれば心臓病検診をお勧めします。
この他、キャバリア・ボクサー・シニア期に入った犬や猫にもお薦めします。

既に心臓病にかかっていても定期的に検診を受けることで、お薬の量や種類の調整ができます。心臓病にはこのような微調整が大切です。

検査項目

・身体検査
・血圧
・レントゲン検査
・心電図検査
・心超音波検査

これらの検査は個別に検査するよりもお得になっています。

歯科治療・予防

歯科治療

歯周病予防の第一は定期的な検診とスケーリング、そして歯磨き。
歳をとってくると大切さを実感します(これは経験と実感です)
お口の中も予防が1番! ひどくなる前の処置なら時間もかからず身体にも優しいです。

処置・検査について

 処置・検査には麻酔をかけますので、血液検査等の麻酔に対する安全性についての検査をします。
検査結果によって その子の状態に合わせた計画を立て麻酔をかけます。
麻酔がかかったところで、口腔内の細かい確認をします。
歯周ポケットの深度・歯の動揺度の確認などもここで行います。
レントゲン検査で口腔内全体の確認をとります。
歯根に病巣がかくれていることがありますので、悪い歯だけではなく口腔全体をチェックします。
状況の把握の後に歯科処置・口腔外科手術のデザインをします。

安全性の高い麻酔を使用します

当院では最も安全性の高いセボフルレンガスを使用して、ガス麻酔で処置・手術を行います。
歯石除去ではスケーリング・ポリッシング・磨き上げ・コーティング剤の塗布と進みます。
抜歯や歯科矯正などの、痛みの強い処置では人と同じように神経ブロック麻酔で痛みをおさえます。

歯列矯正

犬にも歯並びが悪い事があります。
写真のプードルは乳歯が抜けずに永久歯の邪魔をして歯の向きが悪いため、永久歯が上顎に刺さって潰瘍を形成しています。
治療にはまず、乳歯を抜きます。
その後時間をかけて歯の向きを変える処置を重ねていきます。

矯正前

上顎の歯の当たるところに潰瘍が出来ています。

矯正後

普通の犬と変わらない歯並びにまで治す事が出来ました。潰瘍も完治しました。

歯磨き教室のご案内

始めたい時が始めるべき時!
随時歯磨き教室を行っています。
全5回のコースです。
ゆっくりとわかりやすく説明していきます。
ワンちゃんと一緒に毎日のケアを楽しくしましょう。
歯のケアは無理なくやれば飼い主さんとワンちゃんの絆を作るチャンスです。
是非参加してワンちゃんとの生活をより良いものにしてください。

<開催について>
日時:随時
料金:5,000円(5回コース)
対象:ノミダニ予防、予防注射が済んでいる子

行動診療

行動診療科は人の心療内科のようなものです。

こんな行動はありませんか?

・自分や他の人に吠えたり・唸ったり・噛みついたり
・留守番ができない(留守の間に吠え続ける、家具を壊す)
・トイレ以外の場所での排泄
・同居の動物との関係がよくない
・シッポを追いかけてグルグル回る
・ずっと脚を舐めている(脱毛・皮膚炎になる)

行動診療科ではこのような問題行動のカウンセリング・治療を行っています。動物とご家族・獣医師と病院スタッフで一緒に解決していきましょう。

問題行動の考え方

行動診療科では、犬猫の問題行の改善・治療を行っています。

動物たちの問題行動は、子犬子猫の時期の経験、社会化不足、不安、持続的なストレス、同居動物との関係の不具合、飼い主さんが知らないうちに強化している、遺伝、身体的疾患による痛みなど様々な原因から起こっています。

「飼い主さんを下に見ていてバカにしているから言うことを聞かない、上下関係を教えてやらなくてはいけない。」
いまだに聞く話ですが、これは現在の科学では否定されています。
人にとって都合のいい話なので、動物側のストレスを考えずに利用されていると考えると残念です。
なぜ動物たちが問題行動を起こすのか、原因を明らかにし、生活環境の整備、避けるべき刺激、与えてあげるべき刺激、コミュニケーションの取り方、などの改善をしていくことが問題行動の改善につながります。

問題行動に見えても実は病気が隠れていることがあります。
トイレが上手にできないワンちゃんで膀胱炎があったことがあり、膀胱炎の治療後トイレのトラブルも無くなっています。
ゴミ箱あさりが問題になったケースでは、栄養状態に問題がみつかり、食事の変更で行動は改善されました。
逆になんでもない行動だと思っていたら実は常動行動と言って行動のコントロールが必要な問題行動であることもあります。

飼い主さんは空気を噛むような仕草が可愛いと思っていたワンちゃんでも、実は神経系の問題が隠れていることがあります。その場合、お薬でコントロールができます。放置しておいて悪化すれば発作につながる可能性のあるケースです。

このように問題行動は原因の把握とそれにあった対応が必要になります。
状況の把握のためにカウンセリングには時間がかかることをご理解下さい。
また、身体の変調が原因のこともありますので、治療中の病気や飲んでいるお薬がありましたら、カウンセリング時にお知らせ下さい。

ネコちゃんサポートプログラム

ネコちゃんサポートプログラム

最近では、肥満傾向にある、ストレスが多いなどの環境が影響していると考えられる猫ちゃんの生活習慣病が目立ってきました。
また、高齢化が進み慢性疾患も増加しています。
ネコちゃんは我慢強く病気のサインを出しにくい動物ですので、お家の方が異常に気づいた時には病気が進行していることもあります。
シニア期前(〜 6歳)までの慢性疾患の予防と健康維持のため、基礎データの集積のために検診が大切です。
お誕生日検診セットとして、お誕生日月に無料の身体検査と割安の血液検査をサービスしておりますので是非ご利用下さい。

ネコ検診(全年齢対象)

・ネコドック
・ミニネコドック

各種検査を個別に受けるよりお得に受けられるように用意しています。詳細についてはお気軽にお問い合わせ下さい。

0533-69-7711

診察時間:9:00 〜 12:00 / 16:00 〜 19:00
休診:火曜日・土曜日午後・日曜日午後・祝日午後

0533-69-7711

診療時間
9:00 ~ 12:00
16:00 ~ 19:00
〒443-0042 愛知県蒲郡市御幸町5番29号